専業主婦でも銀行で借り入れを行いたいと思うのなら

「知り合いの冠婚葬祭が重なってやってきてしまった」「子どもが私立の学校に通うことになってしまったので急にお金が必要になってしまった」・・・専業主婦でも、お金がなくなってしまうときはあります。
しかし、普通キャッシングには「安定した収入」が必要だと言われています。
これを持っていないと「きちんとお金を返してくれないかもしれない」と思われ、キャッシングを受けさせてもらえなくなるのです。
実際、働いていなくて収入を得ていないいわゆる無職の方は融資をお断りされています。
では、専業主婦の方はどうなのでしょうか?


-専業主婦でも銀行で借り入れはできる-

そもそも無職の人が借り入れできなくなっているのは、総量規制というものがあるためです。
これは年収の3分の1以上でのキャッシングを禁止する規制ですが、無職の方はそもそも年収が0円なので、結果お金を借りることができないということになるのです。
また、「収入を持っていない人がどうやって借りたお金を返していくの?」「持ち逃げされたらどうしよう」と思っている金融機関も多いためにキャッシングが難しくなっています。
では、専業主婦の場合もダメなのでしょうか?
専業主婦のケースだと、配偶者に「安定した収入」がある場合は大丈夫だそうです。
また銀行だと総量規制対象外になるので、専業主婦でも大丈夫になります。
ただし無職の方はほぼ不可能になりますのでそこは了承しておいてください。


-どうやってお金を借りるのか?-

レディースキャッシングの場合は配偶者貸し付けという形になり、夫の同意書や夫婦関係を証明する書類が必要になってきたりしますが、銀行の場合は本人貸付になるので本人確認書類などで大丈夫になります。
そのまま申し込み・審査の手続きをして、通ればお金を借り入れることができます。
ただし、専業主婦自身に収入があるわけではないので、やはり信用度は少し下がってしまいます。
そのため借りられる上限は30~50万円程度だと思っていてください。

その場で全てが完了する借り入れの方法を利用する

家族に知られてしまう理由としてあげられるものは、利用明細が郵送されてくる・個人確認の電話が自宅にかかってくる・収入証明書など自分以外の人の書類が必要になり在籍確認が発生するなどがあります。
しかしその中でも厄介なのが近所の方からの密告であるということをご存知でしょうか。


ご近所はとても良く見ています

噂が好きな方というのはいつの時代でもいなくならないようで未だに井戸端会議をしている方をお見かけします。更にはママ友という言葉が発生したようにお母さん同士の付き合いが重要視されてきた時代です。そして一番よく大人を観察する「お子さん」が情報提供者となり噂はご近所に拡散されていきます。


借り入れの申込みはその場で完了させる

銀行や消費者金融で借り入れをする際にもし店頭で申込みや契約をしていてその姿をご近所の方々に見られたら。その場でもうアウトですね、家族に知られてとてつもない喧嘩を繰り広げることになります。

銀行などに借り入れの契約をしたい場合にはインターネットでの申込みと「その場で完結する」というサービスを行っている金融機関を選択することをおすすめします。その場で完結するものであれば家に電話がかかってくることもなく郵送された書類に判子を押すという作業もすることがありません。

家族に見つからないようにするためにはその場で契約を完結させるという方法が一番簡単で一番見つかりにくい方法なのです。

専業主婦の場合は借り入れする額を300万円以下に抑える

夫の収入をやりくりしてお金をなんとか運用している専業主婦の方々でも、自分の自由にしたいお小遣いくらい欲しいと感じるのは当たり前のことです。旦那さんが会社でお金を稼いでいる間家の中で家事や育児をするのは仕事をしていると同義だからです。


しかし旦那は借り入れに反対なのです

確かに結局旦那さんが稼いだお金で返済をする訳ですから旦那さん側からしてみればお金を借り入れするなど無駄なこと。利子までついて良いことは一つもないと反対します。しかしそれでは妻である自分のストレスが溜まりどんどん悪い方向に感情が向かってしまう。そうなる前におすすめなのがお金をこっそり必要な額だけ借りるという方法です。


専業主婦でも借りられるカードローンとは何か

銀行のカードローンは借り入れ総額が300万円未満であれば収入証明書が必要になりません。収入証明書とはその人にどの程度の収入があるのかを確認する公的な書類です。しかし専業主婦の方は収入がないためもし収入証明書を求められたら夫の証明書を発行しなければならなくなります。必然的に夫の会社に在籍確認をすることになり結局夫に知られてしまうことに繋がります。

今後の返済を考えても300万円以上借り入れすることはおすすめしません。自分が欲しいものを買うために必要なお金だけを借りて、すぐに返済を完了するように心掛けましょう。

借り入れして見つからないようにWEB明細にする

クレジットカードでもカードローンでもそうですが、銀行で借り入れを行うと必ずその利用歴と返済額や借入額などを確認するための明細書が発生します。その明細書は郵送されて来るのが普通ですが、今はインターネットの普及によりインターネット上でその明細を確認することが可能になっています。


昔は明細を隠すのに一苦労でした

昔は郵送が当たり前だったので家族に内緒で借り入れをするのはとても難しいことでした。なにせ毎月利用明細と返済額などの詳細情報を記載した書類が届くのですから、ヒヤヒヤしながらポストの前で待ち構える以外に回避する方法が無かったからです。
「何よこの明細書は!妻に内緒で何借り入れしているのよ!」こんな夫婦喧嘩も日常茶飯事でした。


借り入れしても履歴は自分だけにしか見えない

しかし今はインターネットでIDとパスワードを入れて自分のページにアクセスして利用明細を確認することが出来るというサービスが一般的になってきています。更にWEB明細は紙代や郵送費を節約出来ることからWEB明細を選ぶことによってその分キャッシュバックがあるなど得するサービスもあります。

家族に郵送されて来た利用明細で銀行からの借り入れが見つからないようにWEB明細を登録して隠し通しましょう。

借り入れでもうお金に困る生活とはサヨナラさ

しっかりお金を稼いでいるのに何故かお金が減っていく、そんな嫌な経験はとても多くの方が経験しています。それは収入と支出が一緒に大きくなっているからです。お金を稼いでも使う量が一緒に多くなっては意味がないのです。


借り入れすると手元のお金が増えます

銀行のカードローンは限度額までなら何度でも借り入れをすることが可能で、いつでも返済することが出来ます。そのため手持ちがなくてイライラする・欲しいものを買ってモチベーションを上げたいという方にとてもおすすめの金融商品なのです。
お金を借りると返済もしなければなりませんが、いつもきちんと稼いでいるのであればそれば計画を立てて返済をしていくことは可能です。


返済は小さな額から選ぶことが可能

返済自体は色々な方法がありますが、月の返済額を抑えたいのであればリボ払いがおすすめです。リボ払いあれば月の支払額を1万円未満にすることも可能です。何百万も借り入れしたからと言って月々何十万も返済に充てる必要はないのです。

自由にお金を借り入れすることが出来る銀行のカードローンを利用すれば月々の返済も少なくお金に困る生活から脱出することが可能です。返済に困ると考える前に一度窓口やインターネットで実際借りたらどうなるのかシミュレーションをすることもおすすめします。